木造建物の設計や改修等の日常活動の報告を中心に楽しく意見交換を行っています。開催場所は4か月毎の偶数月第一水曜日にJSCA関西の地下会議室です。また、国土交通省の「歴史的建築物の活用に向けた条例整備ガイドライン」(H30.3策定)に紹介されている木造軸組構法の限界耐力計算(耐震設計法)がマスターできる実務講習会(2か月毎の偶数月の第一水曜日(13:30~18:30))への講師の派遣や、限界耐力計算を用いた耐震設計の正しい理解と、設計者によるミスやばらつきの防止を図るための木造住宅レビュー委員会レビューを、随時行い。京都市、大阪府や奈良県等にもJSCA関西木造耐震マニュアルが採用され、京都市においては、独自にレビューを行い(本会会員含)京町家の保全にも貢献しています。また、実務講習会では、例題に沿った初学者にもわかりやすいテキストによる事例解説・演習を行っています。